サラダ・カット野菜のことなら株式会社旭物産

詳細はこちらから

マイナビ2019

製造二部:パッケージ課
(2014年入社)

現在の仕事内容はどのようなものですか?

私はパッケージ課という部署に所属しております。パッケージ課では袋サラダ、カップサラダ、薬味ねぎといった生食用カット野菜の製造を行っております。その中で私は、機械・人の管理を主に担当しております。
現在カット野菜は売れ行きが良く、非常にやりがいを感じます。

製造二部:パッケージ課 スタッフ写真

入社を決めた理由はなんですか?

私は大学時代微生物学を専攻しており、食品業界に興味がありました。また、地元である茨城県で就職したいという思いもあり、以上の2つの観点から就職活動を進めておりました。その中で旭物産という会社を知りました。就職活動を通じてカット野菜の人気や社内の雰囲気の良さを知り、旭物産に入社しました。 

旭物産らしさを表す言葉を教えてください。

旭物産を一言で表すなら日進月歩だと思います。
カット野菜の人気の上昇とともに製造量が多くなっていく傾向にあります。そのため、作業方法の改善や新規設備の導入など新しいことを検討することにより、私個人として、会社としての向上に繋がっていきます。その他にも地域貢献や働きやすさの向上など多様な面で成長している会社です。 

社員インタビュー

製造部門:
安全で安心な商品を届けるために、技術力と管理力を発揮する。

製造一部:もやし課

製造二部:パッケージ課

営業部門:
商品や情報の提供だけでなく、
商品開発のカギも握る仕事

営業部:営業課

管理部門:
理想の会社づくりに向けて。
小さなこだわりが生む大きな成果。

管理部:総務課

品質管理室

詳細はこちらから

マイナビ2019